競馬名レース

【競馬名レース動画紹介 part.8】第30回 スプリンターズS(GⅠ)

ドンディーです。

競馬ファンであればピンとくるような衝撃的なレースを不定期にシリーズ化して勝手に紹介していこうというこの記事。
競馬名レース動画紹介のコーナーでございます!

まだまだ競馬界の歴史に疎いので記事を書きつつ勉強していきます!

「第30回 スプリンターズS」とは

名レース紹介第八回で取り上げますのは、1996年に開催されたこのレース。
「第30回 スプリンターズS(GⅠ)」です。

スプリンターズステークスとは、12月ごろの冬季に中山競馬場で開催される重賞レースで、スプリンターとは競馬用語では短距離走が得意な馬のことを指します。

以前ご紹介したステイヤーズステークスとは対照的ですね!
あちらは長距離が得意な馬たちのレースですから、こちらは1200mの短距離決戦のレースとなります。

そして1996年に開催された、第30回のスプリンターズS。
短い距離ながら非常に熱きレース展開がありました。

一番人気はフラワーパークで単勝オッズは2.3倍でした。
二番人気のビコーペガサスは5.3倍でしたので、フラワーパークの人気はなかなかのものでした。

「第30回 スプリンターズS」レース動画

1996年12月15日 第30回 スプリンターズS(GⅠ)

開幕ヒシアケボノが大きく出遅れる中、大きく足を延ばしていったのはフラワーパーク、そしてエイシンワシントン。エイシンワシントンは半馬身差で気持ち前につき、前を譲らない様子で突き進んでいきました。

途中で後退してしまう馬がいた中、最後まで競り合ったのはこの二頭でした!

二頭はゴールまでお互い譲らないまま激しい競り合いを繰り返し、若干有利目に見えたエイシンワシントンを最後ハナ差で突っ切ってしまうフラワーパーク!

以前ご紹介したナリタブライアンとマヤノトップガンとのレースを思い出すかのような、とてつもなく気の抜けないレースとなったのでした。

どちらもあきらめることなく、最後まで闘争心むき出しで戦う二頭の姿はとても素晴らしかったです!こんなレースを賭けていたらこちらもハラハラものですね!

見事期待に応えたフラワーパーク。レース結果は以下の通りでした。

第30回 スプリンターズS」のレース結果

スプリンターズS|1996年12月15日 | 競馬データベース – netkeiba.com
https://db.netkeiba.com/race/199606060611/

※netkeiba.comより引用

非常に硬い結果となりました。

まだ馬券の種類も少なかったせいか馬連までしかないことに違和感がありますねw

また何か名レースを見つけたら、不定期ですが記事にしていきたいと思います!

COMMENT