Twitter

電車の運転士、停車中に水分補給をしていたら、高校生の声が聞こえてきて・・・

梅雨が明けてから非常に暑い日々が続いておりますね。

こんな中でも、電車の運転手さんや車掌さんは熱中症と闘いながら業務に励んでくれています。エアコンの効く車内とはいえ、窓から直射日光を受けやすいですから決して楽な環境とは言えないでしょう。

とある電車の運転手さんがツイートした、心温まるエピソードが話題になっています。

停車時分ある途中駅でポカリ飲んだら、客室でそれを見てた高校生たちが運転士も水分補給大事だよなみたいな会話が微かに聞こえてきた! ありがとう!そのまま良い子で育ってほしい!!

※ツイート元より引用

●御意です。運転士さん及び車掌さんが体調崩されてはいけません。

●乗務員室は暑いし直射日光モロに浴びるからねー

●運転士の水分補給に文句を言う人は、それが乗車している自分の命に直結していることが想像できない、かなり頭脳の弱い方々ですね。 この高校生たちは冷静で賢い。

素晴らしい気遣いの出来る子たちだ!

たまに疑問に思うクレームがあるそうですね。電車の運転手が飲み物を飲んでいると、社内で飲み物を飲むなみたいな話が。

まさにリプ欄にもありましたが、命を預かっている身が熱中症で倒れてしまったらどのようなことになるのか想像ができないのでしょうか。

水分補給の重要性を理解しているこの高校生の子たちは素晴らしいですね!

今日も全国で朝から晩まで電車を運転されている皆様、ご苦労様です。

COMMENT