Twitter

不評のGOTOトラベル、実はこんなにいいことずくめだった!

GOTOトラベルが始まってからひと月が経過しましたね。当初は危機迫っている各旅館やホテルなどの経済を救うなどの目的から始まった企画でした。

しかし、実際は直後からコロナウイルスの感染者も第二波が押し寄せるように増加してゆき、結局は東京都内が対象外となったり、開始からグダグダとなってしまってもいました。

仕掛けるには早すぎたのではないか、とGOTOキャンペーン自体を否定する声もかなり多いです。

この現状もあって、GOTOトラベルのイメージは下がってしまいましたが、本当にこの企画全てがダメだったのでしょうか?

TwitterでGOTOキャンペーンの良さを呟く方がいましたので、ピックアップしてみました。


GoToトラベル。旅行に対し社会の厳しい目が当てられるというイメージが強いが、 その一方で新しい生活様式へ完璧に適応できる一人旅勢は「価格よし」「混雑よし」「お一人様よし」という天国のようなフィーバータイムに突入しており、もう日本の未来が明る過ぎて眩しい。 さあもっと1人旅しような。

※ツイート元より引用

●一人旅は今がチャンス!今だからこそ楽しめる時です!マイナスイメージから脱却しましょう!

●はじめまして!激しく同意!本当におトクで静かにのんびり楽しませてもらってます。旅先の飲食店、ホテルの方がすごく対策頑張ってらっしゃいます。私達旅人はマナーとリスペクトを忘れずに良いリフレッシュいただいてますよね^_^

●一人旅のGoToトラベル案件がうまく見つからないので、適応への道はまだ長かったのを思い知りました

●私も一人旅派です。一人旅は旅行代金が高くなってしまいますが、今回のご時勢をふまえて一人旅しやすい価格設定を期待したいです。


コロナと向き合って、旅をしよう!

まさに今、その時期なんじゃないかと私も思います。

大人数で行動したり、夜の街にマスクもしないでうろつくのは勿論言語道断ですが、だからこそ気をつけながら出来る旅の形があるんだと思います。

感染しないように出来ることは、今は色々あります。マスクはもちろんのこと、アルコール消毒を欠かさず、三密を避けて行動する、コロナウイルスのアプリを入れる、など。

全てを否定するのは簡単ですが、正直いつ終息するのかもわからないコロナウイルス相手に、これがいなくなるまで我慢し続けろというのも難しいです。

終息するのを待つだけでなく、我々はこれからインフルエンザのように、コロナウイルスと一生戦い続けなければならないかもしれないのですから。

今後どう向き合って生きていくかが、人類の課題なのかもしれませんね。

私は夏は旅行を我慢しましたが、秋は一人で計画と対策をしっかり立ててどこかに行ってみようかなと模索しています。結局行けなくなるかもしれませんが、やはり人間楽しみがないといつかダメになってしまいます。

その為にも、今は特に気をつけて過ごしていきたいですね。

COMMENT