Twitter

娘が友達にやったと言う行為にとてもビックリした話!

ちょっと言葉を間違えて伝えてしまうだけで、会話がこじれて変な勘違いに発展してしまうこと、よくありますよね。

似た言葉というのは世の中たくさん存在しますが、聞こえ方によってはとんでもない話にも発展してしまいがちなので、相手をビックリさせてしまうことも。

今回はそんな言葉のすれ違いによる、とある母と娘さんの会話から生じたこんな話題が沸騰しておりました。



11歳娘が「今日友達に誘われて、一本背負いをやった」というので、絶対ダメだよ素人同士でそんなことしちゃ、しかも硬い床の上で!首の骨折って死んじゃうよ!と焦って叱ったが、どうも娘と話が噛み合わないのでよくよく話を聞くと、「よぉーって手を叩くだけだし!」とのことで

もしかして:一本締め

※ツイート元より引用

●すれ違い系母娘かわよ🤭🎵

●お邪魔します。危ない方じゃなくて良かったです!自分の中学では修学旅行や打ち上げ等、事あるごとに担任(学年主任のおじさん)が一本締めさせてました。当時意味はわからないなりに、楽しかったですよ!良い思い出です。

●よ、良かった
痛い思いをした子供はいなかったのね…
…会社員生活うん年だけど一本締めしたことないなあ

●一本締め…背負いとは大違い。なお一本背負いは受け身を練習しないと大変なことになります。また背負い投げしてから胸や目を突くなどの技もマーシャルアーツにはありますが真似すると大変です。

●あ、飲み会後の一丁締め、久しくしとらん。謎文化だけどあのお開き感は好きなんだよな。

●娘さんが一歩背負いと言った所で「え⁉」と思いましたが、「一本締め」だと分かってほんわかと和みました😄
一本締めは、あまり見なくなりましたね。

●高校の時私がいきなり冗談で襲いかかってきた女性友人を思わず一本背負いで阻んだら向こうがギャン泣きしてわいが謝り続けることになった…

●中学の時に体育でやった技試させて、と同じクラスの女子に教室で一本背負いされた記憶が蘇りました。そうだよな、怪我してた可能性あるよな…あの人頭おかしかった

●本題とは全く関係ないが、隙あらば自分語りだが、ワシも姉が柔道を大学からやり始めて、危険性全く知らず(姉スマン)「投げてみて」って軽率にも言ったら、丁重にお断りされたのを思い出した

●関東生まれです。 『一本締め』で違和感は無かったのですが、リプで『一丁締め』と言うのを見て調べましたらば…

「いよぉー、パン!」は『一丁締め』と言うのですね❕❕
初めて知りました!



全然違う言葉で驚かされたw

とんでもない会話のバグですねw
一本背負いと一丁締めでは全く意味が変わって来ちゃいます!

結構リプ欄で指摘がありましたけれど、私も会社の呑み会の〆などでよく使われる、「いよ~、パン!(手拍子)」って一本締めって皆言ってたのでそういうのだと思っていましたが、本当は一丁締めと言うんですね。勉強になりました!

とりあえず、ツイート主さんの娘さんが友達に一本背負いをしたと言う事実がなくてよかったですw

COMMENT