Twitter

座敷わらしがいると言われる旅館が火事に!その時の話を聞くと、驚きの内容だった!

座敷わらしという妖怪を聞いたことのある人は多いと思います。

家の中に住み着いて、幸福を与えてくれる子供の妖怪という印象が強いと思いますが、実際に岩手県の方に古くから伝えられています。

妖怪というよりも、守り神さまのような座敷わらし。そんな座敷わらしにまつわる旅館があるのをご存じでしょうか。

今回は、その旅館にて実際に起こったという不思議な体験を聞いたというひとりのツイート主さんの呟きが話題です。



座敷童がいるっていう旅館が火事になって、座敷童いるのに火事になるんかーいって思ってたら、ケガ人0、助かった人が「まだ中に子どもがいるんです」って言ってたんだけど、宿泊客に子どもはいない。「でも、にげてにげてって子どもの声が…」っていうエピソード聞いて、まじ座敷童やんってなった。

※ツイート元より引用

●その話は確か、座敷童子が居なくなったから不幸になって火事になったのではなく、その宿がかなりボロボロで廃れてきてしまっていた為に敢えて火事にして新しく再建して豊かにしようとした座敷童子の思いやりだと聞いたことがあります

●火事になった年の正月に宿泊しました。風呂への廊下で小学生くらいの子供に出会いビックリ。
 翌日、発つ前に宿の方に「ちょっとこちらへ」と促されて昔の居間のような広い部屋を見せてもらいましたが、天井がほぼ見えなくて「こりゃあ、マジに居るなぁ」と思いました。ご飯が美味しかった。

●ある日、温泉の方向から夜中に子供が歩いてきて「どこ行くんだ?」って聞いたら「しばらく違うとこ行ってくるー」ってそのままどっか言ってしまった。
 その日、旅館で火事があった日だった、と。
「しばらく」ってことは、復活することを知っていて、いろんな意味で考えさせられますね。

●建て直しをして今も新しい旅館に座敷童は居るようですね、実は火事も不幸というよりは…いやなんでもないですw

●聞いた話では【座敷童子がいる間は幸福が訪れるが去ると不幸が降りかかる】とか。
 きっとその座敷童子が遊びに出掛けたことで火事が起き、急いで座敷童子が戻ってきたことで怪我人が出ずに済んだってとこですかね。子供だから遊びにくらい出掛けたいよね。

●はじめまして。3年先まで満室のお部屋が急なキャンセルで、呼ばれる様に宿泊しました。夕食時の大広間でフィルムには写らない無数のオーブが浮遊。館内随所で不思議な事が多発。焼失は残念でしたが、その後の大震災をも予見して、未来の宿泊客をも守ったのかと思います。

●はじめまして^_^ そこ、私の母の同級生のお宅でした。  子供の頃、良くそこの温泉に
 遊びに行きました。
 地元の人は皆、座敷わらしの事は
 知ってはいましたが、今の様に
 全国区では無かったので
 いつでも部屋に入れたのですが
 すっかり敷居が高くなってしまいました。。

●座敷童くんの優しさ…
 これで噂も本物に….??.. 恐怖では無い謎な現象とか好きです…
 座敷童くんって子供にしか見えないとか何とかって聞きましたけど….
 水谷豊さんの映画で知ったはず…あれ?..

●恐らく堅実な経営と真心のおもてなしだったから座敷わらしが助けてくれたんでしょうね。
 あこぎなことやってた旅館だと座敷わらしはとっくに逃げてるでしょうから。

●火事になっても皆の為に必死に危険を知らせてくれる座敷わらし、本当に感動する(*´ω`*)



座敷わらしちゃん、すごい…

にわかには信じがたい話がずらっとリプ欄でも繰り広げられていますが、本当ならとても不思議なお話ですね。

私は霊とか妖怪といったものには肯定的ではあるのですが、実体験があるわけでもなくあくまでメディアを通じて話を聞いたりといった程度なので、半信半疑な感じではありますねw

実際に座敷わらしが出てくると噂の旅館を調べてみたのですが、コロナ禍であるにも関わらずかなり先まで予約がいっぱいで驚きました!

でも、そんな不思議な体験が出来るのなら、是非人生に一度は足を運んでみたいものです。どうなるかわかりませんが、来年のどこかで予約をとってみたいですね…GOTOトラベルが終わっててもいいのでw

COMMENT