競馬

【第66回 東京大賞典(GⅠ)】オメガパフューム&M・デムーロ騎手おめでとう!

大井競馬場の覇者は君だ!

こんばんは。ドンディーです。

中央競馬は開催が終了した、2020年の競馬。
しかし、まだまだ地方競馬は最後まで開催されています。

地方競馬で年内最後の大舞台と言えば、知る人ぞ知る重賞『東京大賞典』です。地方競馬とはいえ、この大舞台は地上波のテレビ放送でも生放送で中継されるほどの大きなレース。

まさに、本当の本当に最後の大舞台というわけなんですね。

そして――

史上初!東京大賞典を3度制覇するという偉業を成し遂げたのでした!

東京大賞典(GⅠ)―  大井競馬場

東京大賞典とは、大井競馬場にて行われる年内最後の大型重賞ダートグレードレース。

地方と中央のダート馬による、年末最後のGⅠクラス競走です。

現在大きく支持されているのは、オメガパフューム。この馬は東京大賞典を既に2年連続で勝利しているのですが、東京大賞典を3回制覇した馬はまだ存在しないとのこと。

クリソベリルやゴールドドリーム、チュウワウィザードにカフェファラオといった、ダートの強豪が不在の今回のメンバーでは勝つ可能性が高いことで注目を浴びています。

今年はコロナ禍でありながらも競馬界ではかなりの伝説が生まれ、次から次へと語り継がれるべき馬が出てきた年となりました。今年最後には、オメガパフュームが新たな伝説の扉を開いてくれるでしょうか。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

■オメガパフューム(M・デムーロ騎手)

1番人気はもちろん葦毛のダート強豪馬。東京大賞典を2018年・2019年と連続で制覇している最有力候補。前走のJBCクラシックではクリソベリルにあと一歩及ばずといったところながらも、やはり元々持っているポテンシャルが生きていました。最大のライバル不在レースのため、ますますの高期待値。

■ダノンファラオ(川田将雅騎手)

前走では浦和記念で勝利を手にし、ジャパンダートダービーなどでも目まぐるしい活躍をしてきたダノンファラオが2番人気に。3歳というフレッシュさもあり、いかに先行して前をとれるか。

■ウェスタールン(藤岡佑介騎手)

勝ち星をなかなか挙げられていない中、馬券複勝率の高さと逃げに期待の目が集まるこちらのウェスタールンドが3番人気。前走浦和記念でも3着にねじ込むなど、実力は確か!

最高の位置取り!最高の差し切り勝ち!

終始非常にいい位置取りで立ち回ったオメガパフューム。やはりこの馬の底力は計り知れませんね…!

第4コーナーを回った後の位置取りで、これはもう勝ったなと思いました!史上初の3連覇達成、ほんとうにおめでとう!!また競馬界に新たな歴史を刻んでくれました。

東京大賞典3連覇という極度のプレッシャーのなか、見事に勝ち切ったM・デムーロ騎手!なかなか勝ち星を挙げられなかった今年最後に素晴らしい走りを見せてくれました。インタビューで久々に笑った姿が見られたのは最高でした!

本日の大井競馬場は、逃げが光りやすい傾向にありましたが先頭を行ったワークアンドラブはペースが速かったのか、そのすぐ後ろを追っていたカジノフォンテンが見事に逃げ残り2着。オメガパフュームが相手でなければ、そのまま逃げ切っていたかもしれない勢いのある馬でした!

3着でヒストリーメイカーといい勝負をした、ウェスタールンドも外からとてつもない勢いで追ってなんとか入着!浦和記念3着の実力は伊達ではありませんでしたね…!

結果は以下の通りでした。

■東京大賞典(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://nar.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202044122910&rf=special_pickup

※netkeiba.comより引用

逃げ残りによってのやや荒れ!

オメガパフュームがかなりの高評価でオッズを上げていたので、人気馬での着順では非常に寂しい配当になりがちでしたが、カジノフォンテンの逃げ残りによって万馬券になりました。

私はオメガパフュームで過去も取らせてもらっていたので、今年は信じて単勝と3連単でそれぞれ購入。配当は決して大きくはありませんでしたが、期待に応えて走ってくれたこの馬には本当に感謝です!

私は去年と同じ着馬であるノンコノユメとモジアナフレイバーで買ったりしてみましたが、まぁ同じことなんてそうそうありませんよねw

個人的にオメガパフューム以外で注目していたのは、ハナズレジェンドという馬です。この馬はもともと中央競馬で芝コースをメインにしていたのですが、前走で初のダートコースに挑戦し1着になってしまうという変わり身が凄く、今回は負けてはしまったものの今後も注目していきたい馬でした。

とりあえず、プラスにしてくれたオメガパフューム、ありがとう!

終わりに――

東京大賞典も終わり、今年はあと2日で2020年も終了です。
大井競馬ではまだまだ重賞が開催されて目が離せませんが、今年の私の競馬記事は今回でおしまいと致します。

まだまだ知識も経験も浅い私の記事を見てくださった方、ありがとうございました!特に秀でた情報も予想もない感想記事ではありますが、好きなので飽きるまで書いていきたいと思いますw

次回は書けたら年明けすぐの川崎競馬の重賞か、中央競馬の金杯あたりで来年をスタートしていきたいと思います!

今年は無茶を何度かして大きなマイナスを食らってしまいましたが、ハラハラドキドキで楽しい一年でした!また、数々のドラマが生まれた年でしたね。

来年も競馬を全力で楽しむぞ!!
ドンディーでした!

COMMENT