Twitter

恋人から「何でも言うことを聞く券」をもらった彼氏、月日がたったある日に思いもよらぬ使い方をする!

今回は、とあるカップルの切ないお話をお届けしたいと思います。

小さいころ、親の誕生日に何かあげるにしてもお金がありませんから、自分でオリジナルの券を作ってプレゼントしてあげたことのある方はいるのではないでしょうか。

私は小さい頃はよく肩たたき券だとか、なんでも言うことを聞く券みたいなものを渡して家事を手伝ったり、親に肩を叩いてあげたりしていた記憶がありますw

今回は、その要領で『彼氏に何でも言うことを聞く券』をプレゼントしたという彼女。その券が、のちのちに思わぬ方向で使われたことが話題となっておりました。



友達、彼氏の誕生日に手作りの券あげてて、その中に”なんでも言うこと聞いてあげる券”も入れてたらしいんだけど唯一その券だけは3年間使われずで。 優しい彼なのね〜なんて言って笑って話してたんだけど、昨日その券を持って「別れてほしい」って一言だけ言いに来たって聞いて残酷すぎて吐きそうだった

※ツイート元より引用

●「 吐きそうだった 」で
 何とか留めた
 non. さん、すげぇ。
 俺、文章読んでるだけで
 泣きゲロ吐いちゃったよ………
 今、全身に悪寒が走ってるのは、
 きっと連日の寒さのせいだけじゃない。

●おそらく券を貰ってから…よく考えて
 「結婚して」か「別れて」のどちらかに使おうと決めて、さらにちゃんといろいろ考えながらお付き合いしていたのだと思います。
 賢い人だ…
 ボクだったら 「あのぅ、たいへん申し上げ辛い…特殊なプレイをですね、お願いしたいと…」とかで使っちゃうよ!

●結婚か別れるかの二択のために取っておいたけど、3年間考えた結果別れるになったんやろな、、。 でもその券のことを忘れずに最後の最後まで覚えててちゃんと持ってきてくれたんやからきっとその子のことは本当に好きだったと思うよ

●使われなかった3年間てところに彼女さんに対する思いの変化が色々とあったんだなと感じられるエピソード。 ただ別れを言われた側からすれば残酷すぎるわな。 タイムマシーン欲しくなる案件

●人間、ここまで相手の痛みを想像せずにいられるものなのか、それとも彼氏もそこまでなりふり構っていられる状態でも無かったのか…… ただ、一つ言えるのは、もう別れて関係を絶つのが正解なように感じますね……

●おばんです。
 人間の行動は時として残酷、無慈悲を体現してますね。
 しかも手作り券を使って思い出を絡めてのサヨナラ。
 高度な心理的ダメージを相手に与え崖下に落としていくスタイル。
 嫌いではないですけど相手は可哀想、
 この決断の意味は二人のみぞ知るなんでしょうがね。

●創作ではいくつか類例がありますけど本当にやる人がいるとは思いませんでした

●まぁ逆に結婚してほしい。に使われる可能性もあったってことだから 残酷かっていうと微妙なラインかな

●彼氏が別れたいと思った理由も記さず残酷扱いする残酷さというのも世の中にはある。 3年も保管する人がそういう使い方をするのは、普通に考えたら余程の何かがあったのかも、、 お互い今後素敵な人にまた出会えるといいですね。

●離婚して欲しいに使われなくて良かった。



まさかの使用方法に泣いた…

お二人の間に何があったかは知る由もありませんが、別れるという苦渋の決断をするまでの間に一度も使わずにずっと券を取っていた彼氏は、別れを切り出すまでは本当に彼女のことが大事だったのではないでしょうか。

リプ欄にもありますが、男としては多少邪なことを考えてしまう人も少なくないのではないでしょうかw

でも、何でも出来るとはいえそれを好きにしなかった彼氏。結果的には残酷な使われ方をしたものの、それまでは大事に想われていたことに違いありません…

COMMENT