Twitter

ツイッター廃人が自分のことを前向きに捉えた結果、こうなったw

Twitterは日々いろいろな人が面白いツイートをされているので、ついつい見ていると長く眺めてしまったりすることがあります。

私もこうしてピックアップしているわけですから、見るときは結構見てしまいますね!お風呂に入っているときについつい見続けてしまったり、寝る前に見てしまったり。

そんなTwitter廃人とも呼べる、とある方が自分のことを非常にうまい言い回しで表現されていたのがとても面白かったので、ご紹介したいと思います。



✖学生時代ツイ廃だった
●コロナで人と会えない中でもインターネットを通してオープンな場で積極的にコミュニケーションをとり、人脈形成に努めた

※ツイート元より引用

●こういう言い換えって本当に大事
 書き言葉ならともかくとっさには中々出てこない

●よくわかる「嘘はつかずに盛る」っていうやつや

●これ割とまじな話で、物は言い様で面接受けは良くなる…というか、書くこと・伝えること(アピールポイント)が増えるんです。ネガ→ポジ言葉。
 「履歴書は企業へのラブレターです」とはよく言ったものよ…!

●就活の時SNSをこんな感じで
 言い換えて積極性をPRしてた(✌’ω’ ✌)

●面接ってだいたいこんなもんだよな…

●私も以前はSNS活動を通しての人脈形成に関して否定だった。しかし、大1になると同時に始めた積極的なTwitter活動を通して幅広い人と接触、そしてエンカイベントを開くことによって私たちはさらに”上”のステージに行った…。

●インターネットも使いようだって学んだほんとに。

●マジで言い方って大切なんやな…

●物は言い様

●面接官「素晴らしいですね、どういった方法で?」
 ぼく「ツイッターです。」



その言い回しは何も間違っていないw

この人の言っていることは、一切間違ってないから困るw

リプにもあるように、面接での言い方も結局はこれに通ずるものがありますよね。咄嗟にこういった言い回しができるのは非常に頭が冴えてて天才だと思いました!

一言で質素に伝えてしまうのと、意図や目的なんかを交えて丁寧に説明するだけでこうも聞き手の印象って変わるんだなぁと改めて感心してしまいましたw

ぜひとも見習いたいものですね!

COMMENT