競馬

【第65回 大阪杯(GⅠ)】レイパパレ&川田将雅騎手おめでとう!

この結果はあまりにも予想外!

こんばんは。ドンディーです。

本日は春GⅠの2戦目である、大阪杯が阪神競馬場にて開催されました。

なんといっても、昨年の覇者たちがこの会場に集結しているドリームマッチとなったわけですから、世間の注目はこの数頭に集まってきたわけです!

しかし、時として現実はあまりにも予想だにしない結果を導きだすこともあるものだと、思い知らされるのでした。

そして――

覇者たちを尻目に、意外な馬が勝利したのでした…!

大阪杯(GⅠ)― 阪神競馬場


というわけで本日開催のメインレースは、GⅠ・大阪杯でした!

芝2000mで行われる中距離競争の決定戦とされ、まさに大物が集う春の大舞台となっているレースです。

GⅠともあって、当然非常にレベルの高いサラブレッドたちが集まりましたが、今年は特に注目の高い馬が3頭集まりました。どの馬がどう結果を出すのか、楽しみな反面緊張の重賞でした。

本日はまたもやあいにくの雨となってしまい、阪神競馬場は午後から激しい雨によって馬場コンディションは一気に重馬場へと変化。雨の中、足場の悪い環境でどこまで力を出せるのかの比べ合い。

勝つのは昨年の3冠馬か?
3階級制覇を狙うスピードクイーンか?
3冠馬にリベンジを果たす若き牡馬か?

世間の目の大半はそちらに向けられておりました。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

※番号は人気順で、馬番・枠番ではありません

1⃣コントレイル(福永祐一騎手)

ディープインパクト産駒で一番濃い血を継いだとされ、昨年も無敗の三冠を達成した後にアーモンドアイに差す勢いで素晴らしいレースをしたコントレイルが文句なしの一番人気。今年で引退も決まっており、古馬としてどれだけの結果を残せるか注目。追い切りでもとてつもないタイムをたたき出したという、今年の注目株の1頭。

2⃣グランアレグリア(C・ルメール騎手)

昨年引退した、女王アーモンドアイを一度破ったことでも話題になった牝馬。これまで短距離・マイル路線で活躍し今回は初の中距離路線での挑戦だが、こちらもディープインパクト産駒としての秘めた能力が期待され2番人気に。今回制覇することで、三階級制覇という初快挙を成し遂げることに。

3⃣サリオス(松山弘平騎手)

昨年のクラシック路線では常にコントレイルに敗れて2着を続け、惜しい結果を残し続けてきたサリオスが3番人気。今年こそはリベンジを果たすことが出来るのか。

王者たちを尻目に、最後まで逃げ切った者勝ち!!

なんとなんと!
このレースを制覇したのは人気のどの馬でもなく、最初からハナを切って逃げ切ってしまったレイパパレでした!

川田将雅騎手は春GⅠを連勝し、非常に調子の良い流れが続いております。
ご本人もこのような結果に非常に驚いているようで、まさか初GⅠ参戦の馬が王者たちから差されることもなく逃げてしまうのですから凄いことです。

気になる王者たちの動きですが、コントレイルが向こう正面でやや早いタイミングで前に伸ばして仕掛けていくも、それに反応してグランアレグリアが負けじとそこで競り合っていました。

サリオスもその真横でその争いに巻き込まれかける形で、そのまま最後の直線で人気馬たちが争い続けている間に前はますます差を広げられ、いつもの末脚を発揮することが出来なかったコントレイルはグランアレグリアとの競り合いになんとか勝つも、気づいたときにはギリギリ3着に入選。グランアレグリアは初中距離ということと、競り合っているということもあり4着。サリオスはその争いから離れるように内へ逃げるも、足が伸びず5着に。

その王者たちの脇から、ずっと後ろでチャンスをうかがっていたのは2着のモズベッロ!早くもお互いを意識しすぎて争いだした人気馬たちを尻目に、脇をスッと伸びていって直線で抜かしてしまいました。レイパパレの逃げには追いつくことが出来ずとも、いいところを突いての見事な騎乗でした。

まさかの王者たちの立て続けの敗北に、私を含めて戸惑いを隠せない状況でしょう。デアリングタクトに続き、無敗の3冠馬ともまで言われて伝説をつくったクラシック王者が、またもや敗れてしまったのです。

結果は以下の通り。

大阪杯2021(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202109020411&rf=special_pickup

※netkeiba.comより引用

王者が大きく崩れたために、結果は大荒れ!

いやはや、金鯱賞のときのように人気馬たちを置いてけぼりに逃げ馬がそのまま逃げ切ってしまうというまさかの展開。

今年は全く人気馬が結果を出せないというレースがあまりにも続きますね。おかげで予想外の展開が続きすぎて私の財布は益々寂しい結果となってきています😭

コントレイルなら追切タイムを更新とよい事前ニュースが入ってきていたので「これはいける!」と思いつつも、やはりこの荒れた馬場や天気にあまり精神面がよくなさそうなところを見せており、そしてライバル視しすぎたグランアレグリアという存在。よくない流れでした。

しかし川田将雅騎手は今年に入って本当に勝利を挙げておりますね。昨年はほぼルメール騎手に勝利を奪われていましたから、今年は日本人騎手として数々の重賞を勝ってくれるのではないでしょうか。

でも、来週はソダシに勝ってほしいので吉田隼人騎手に譲ってほしいですねw

終わりに――

非常によくない。この土日も大きく負けてしまいました。
まさかコントレイルがあんな負け方をしてしまうなんて思いもせずにぶちこんだ諭吉が簡単に去ってしまうのですから…
コントレイルならデアリングタクトのぶんまで大きく結果を残してくれるかと期待していただけに、残念でなりません。

よくない兆候はいくつかあったものの、ここで3月の負けを取り返して勢いをつけたいという気持ちが勝ってしまって若干冷静になれてない自分にも反省w
掛かり気味だったのは私も同じでしたねw

とかいいつつも、来週の桜花賞でも無敗の白毛馬ソダシに勝ってほしいという気持ちから応援と挽回のために同じことをしそうですw

勝利の女神さまはいつ微笑むのか?
ドンディーでした!

COMMENT