競馬

【第62回 宝塚記念(GⅠ)】クロノジェネシス&C・ルメール騎手おめでとう!

ファン人気投票に見事応えた!

こんばんは。ドンディーです。

本日は阪神競馬場にて、宝塚記念が開催されました。
春GⅠの締めくくりとなるのは、人気投票や実力によって選ばれし13頭による競争となった2021年の宝塚記念。

クロノジェネシスが堂々一位の人気投票を獲得し、グランプリ3連覇を目指しての挑戦。それを含めた今年は上位人気が牝馬だらけというこれもまた初めてのことだそうで。

台風が接近しているという前情報もあって、天候は荒れるかと思われた当日。何かの力が働いたのか…台風は逸れ、雨も大した雨量ではなく馬場コンディションは良で行われる。

そして――

グランプリ三連覇達成・騎手は初の宝塚記念制覇!またしても新たな偉業が成されたのだった!

宝塚記念(GⅠ)― 阪神競馬場


本日のメインとなるレースは、阪神競馬場にて行われたGⅠ・宝塚記念になります!

年末に開催される有馬記念と同様、事前のファン投票によってある程度の出走馬が決まるこちらの競走。一位は昨年の有馬記念と同じクロノジェネシスが人気上位へ。

ファンファーレは宝塚記念専用のものが採用され、まさに上半期最強の競走馬を決める特別なレースといった位置づけです。

ファン投票もあり、もともとの予定では昨年の無敗3冠馬であったコントレイル・デアリングタクトの出走も予定されていましたが、各々の事情により宝塚記念は回避。出走していたらまた違った形で面白かったかもしれませんが、今回のメンバーは牝馬が上位争いをするといったあまりないメンバーに。

また、昨年の勝ち馬であるクロノジェネシスの二度目の宝塚記念の挑戦ということですが、宝塚記念を連覇したことのある馬は過去にゴールドシップのみという記録。クロノジェネシスが勝てば、宝塚記念連覇を達成した馬が2頭目ということにも。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

※番号は人気順で、馬番・枠番ではありません

1⃣クロノジェネシス(C・ルメール騎手)

昨年の勝ち馬であり、ファン投票堂々の一位を獲得したのは牝馬クロノジェネシス。昨年は宝塚記念のほか有馬記念でもファン投票一位を獲得し、期待に応えた実力を持っている。鞍上は先日の怪我で乗れなくなってしまった北村友一騎手に乗り替わって、宝塚記念をまだ勝利していないルメール騎手に託される。グランプリ三連覇の偉業達成を目指す!

2⃣レイパパレ(川田将雅騎手)

無敗で6連勝中の勢いで突き進むのは、逃げ脚に特化した牝馬レイパパレ。先日の大阪杯ではあのコントレイルを破ってしまう脚力を見せ、初GⅠながらも衝撃の結果を残してみせた。今回も大物を相手に逃げ切ってしまうのだろうか!?

3⃣カレンブーケドール(戸崎圭太騎手)

重賞2着という、勝ちきれずも安定感のある牝馬カレンブーケドール。ディープインパクト産駒の血を引くこちらの馬が3番人気に。過去の2019年オークスではクロノジェネシスに勝利しており、再び打破すべく燃える!

逃げ馬を一気にかわし、伸びたナンバーワン!

ユニコーンライオンレイパパレが終始逃げに徹する競馬となり、なかなか後方からそれを差しにかかる馬が出てこないという展開に。

それを一気に差し切ってしまったのは、クロノジェネシス!逃げていた馬を前めで追っていき、最後のコーナーを超えたその時。真横にいたキセキをかわしてじわじわと前に迫っていったと思いきや、ルメール騎手のひと叩きで一気に狙っていた前方の馬を差し切って見せた!

たったひと叩きでのあの末脚、あの伸びっぷりは流石としか言い様がありませんでした。騎手が変わってもやはり底力はすさまじいものがありました。

そしてもう一つの激しい競走は、前方で行われていました。最初に飛び出したユニコーンライオンとレイパパレでしたが、どちらも逃げ脚質のこの馬たちはまずユニコーンライオンを前に譲るように走ったレイパパレ。途中でキセキも前の争いに乱入したりと波乱の起こりそうな前半。

そのまま前の2頭は崩れることなく最終コーナーまで来たと思ったそのとき、レイパパレが仕掛ける。一時はレイパパレが優勢になったかと思いきや、なんとユニコーンライオンはそれを更に差し返すという意地!クロノジェネシスに共にやられたものの、実は意地と根性のぶつかり合いが繰り広げられていました。

その競り合いに勝ったのは、ユニコーンライオンの方でした!レイパパレもかなり強い競馬でしたが、まさか後退せずにここまで強い意地を見せてくるとは思いませんでした。実力はほぼ僅差、次はまた分からないでしょう。

レイパパレは今回で初の敗北となってしまいましたが、決して展開が向かない状況ではありませんでした。ただ相手が強かった!

結果は以下の通り。

宝塚記念2021(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202109030411&rf=special_pickup

※netkeiba.comより引用

間に入った7番人気、ユニコーンライオンの波乱!

人気に応えた見事なクロノジェネシスの後ろには、人気薄だったユニコーンライオンの根性が2着へと入って硬すぎない万馬券へと変貌しました。

ドバイでは勝ちきることが出来なかったものの、やはり国内ではかなりの勝率を誇る牝馬クロノジェネシスは次回凱旋門賞へと進む予定とのこと。ハイレベルな海外でどこまで挑戦できるか今から楽しみです。

私は最近外れすぎてひねくれた買い方しかしてなかったので、クロノジェネシスは前から応援していたもののどうしても北村友一騎手とのコンビで勝つことを想像していたために、頭から買う事が出来ず…レイパパレが軸ではあったものの、頭ではなかったー!

白毛馬の猛攻が最近凄いので、シロニイにもワンチャン馬券内に絡むことを期待したりしてw
最下位だったけど無事に走り切れただけでも良しとしましょうw

終わりに――

レースは最高に面白かったんですが、あまりにも最近馬券面では面白くない展開が続く私!

悪い癖なのが、負けが続きすぎると取り返そうとして三連単や三連複ばかり買おうとするというところ。当たること自体珍しいのに、なかなか悪循環ですね…

実はあのあと最終レースで結構いいところまで狙えていたんですけど、3頭買う事を辞めなかったせいで万馬券となった馬単・馬連を逃すという痛恨のミス!

夏競馬で気持ちを入れ替えたい!!
ドンディーでした!

COMMENT