動画レシピ

【動画で料理を作ろう】part.65 鶏肉を使ったあのパスタ風料理&パスタを使ったサラダ!

こんばんは、ドンディーです。
「動画で料理を作ろう」の記事になります。

関東はついに梅雨が明けて、本格的な夏!
汗だくになるほどの暑さがやってきましたね!

世間はまたもや緊急事態宣言が発令され、涼みに海に行くことも外で飲み食いしに行くこともなかなかしづらいこの状況。オリンピックがもうすぐ始まるというのに、まだ今年の夏も満喫というわけにはなかなかいきませんね…

さて今回は、前から気になっていた一品料理を2点作ってみました。どちらも洋食なのですが、片方は一風変わったアイディア料理で、もうひとつはお弁当などに入っているのをよく見かけるもののそれとは全然違ったパスタ料理。

ちょうどパスタ麺は以前のナポリタンで少し余ったものがあったので、そちらを消費するという意味でも丁度良くなりました!

↓↓↓ 今回作ったのは、こちら! ↓↓↓

●カルボシチュー
●至高のスパゲティサラダ

以上の2品です!

それではご紹介していきたいと思います!

カルボシチュー

1品目は、「カルボシチュー」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

だれウマ【料理研究家】さんの投稿レシピになります!

相変わらずマッチョ筋肉キャラで爽やかにいろいろな料理のレシピを紹介してくれるこちらのチャンネル。最近はオンライン料理教室を始めたりと、コロナ禍ならではのサービスも実施されているようです。

さてこちらのカルボシチュー。シチューとはありますが我々の知っているシチューとはまったくイメージが違う料理。加えてカルボです。カルボナーラのカルボです。

カルボナーラにシチュー?それだけではなんなのか想像できそうでしにくい謎の料理でしたが、実際はおかずとして食べる鶏肉の一品レシピでした!

まるでカルボナーラのように食べる、鶏肉の煮込み料理がカルボシチューの正体だったのです。
そして動画のタイトルにもある通り、シチューのルーは何も要りません。

まずはまるごと鶏肉をフライパンで皮に焼き目をつけます。油は鶏肉から出てくるので事前に油を使う必要はなく、アルミホイルで包んでじっくりと焼きます。とてもいい匂いがフライパンから漂ってきますが、焼きすぎると焦げてしまうため時折様子を見る必要はありそうです。

動画内ですと数分焼くとのことで、正確な時間は書いてありませんでしたが私は5分以上10分未満の感覚で焼いていきました。念のため2度くらいは皮の焼き具合は確認しました。一度フライパンからアルミホイルに鶏肉を逃がして、旨味と熱を閉じ込めるために一度包んで置いておきます。

あとは簡単。たまねぎを切ったあとに鶏の色々な旨味が残ったフライパンにバターを敷き、炒めて薄力粉を投入。しかし私はこのタイミングで薄力粉がないことに気づいたので入れておりませんが、これを入れないととろみが出ないので必須です。
片栗粉でも代用できそうではありましたが、それすらもなかったので若干私は別モノですw

そのあとに鶏肉をフライパンに戻したら、水と牛乳を入れて煮込む。先ほど皮だけ焼いた状態では鶏肉も中までは火が通り切ってないため、ここでしっかり中まで火を通します。

ある程度煮込んだら、クリームチーズを混ぜて最後に卵黄を投入します。私はここで卵黄でもよかったのですが、賞味期限が近い温泉卵があったのでそれで代用。本当は黄身の部分だけですが、もったいないので温泉卵を2個そのまま入れてしまいました。

薄力粉が入っていないので当然私のはとろみは出ておらずシチュー感は薄れてはおりますが、しっかりカルボナーラ風の味が染み込んでおり、スープとして美味しく出来上がりました。鶏肉も皮はパリパリ、中は柔らかく出来ていて良かったです。

動画内で食パンと合わせて食べているのが美味しそうだったので、家族分食パンも添えて食べました。確かに合う!

また、汁はそのまま捨てるのはもったいないので後日妹が別の料理に使うと言って保存してくれました。何に変身するのか楽しみですw


至高のスパゲティサラダ

2品目は、「至高のスパゲティサラダ」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

料理研究家リュウジのバズレシピさんの投稿レシピになります!

いつものリュウジ氏です。結構色々なレシピをお気に入りにしているのですが、先日ナポリタンを作った時に少し余ってしまった分をそのうち使いたいと思っていた矢先に出会ったのがこちらのスパゲティサラダ。

サラダレシピも一年ほどで様々なものを作ってきましたが、そういえばサラダのパスタは作ったことがなかったなと気づいて今回是非作ってみたいと思い参考に致しました。

しかし、こちらのスパゲティサラダはよくお弁当やコンビニで見かけるようなものとは全然違っていました。味付けや盛り付けもそうですが、リュウジ氏のこだわりが入っているのだと思いますね。

重要だったポイントは、パスタや野菜にしっかり塩を練りこませるということ。パスタは茹でる際にしっかり塩水で茹でる。野菜は塩を振って、しっかりと揉みこむ。これらの下味づくりが結構大事なんだそうで、これをしないと後の味調整が難しくなってしまうかもしれません。

そこをしっかり抑えていれば、あとは全ての材料と調味料を合わせて混ぜていくだけ。動画では温かい状態でも美味しいが、本来は冷やして食べる料理と言っていたので私は冷蔵庫で冷やしておきました。

この味付けが非常によく、サラダでありながらこちらもメインなんじゃないかと思えるほどの出来。カルボシチューと合わせてもうお腹いっぱいですw


次の更新は7/24の夜を予定しております。
※あくまで予定ですので、変わる可能性もあります

それでは本日もお粗末様でした!
以上、「ドンディーの動画で料理を作ろう」でした。

COMMENT