動画レシピ

【動画で料理を作ろう】part.68 鶏の出汁が利いたつけ蕎麦と、皆大好きコロッケ!

こんばんは、ドンディーです。
「動画で料理を作ろう」の記事になります。

せっかくのお盆休みなのに、コロナ感染者の激増と3つの台風が猛威を奮って日本にやってこようとしています。なんてタイミングの悪いお盆なんだ・・・昨年の盆より最悪だ・・・

昨年以上に楽しめそうにない夏となってしまいましたが、だからこそ家で出来る料理が楽しみのひとつとなっています!家でただ何もせず腐っているだけではますます時間がもったいないですからね!

今回は私がとてもよく参考にさせていただいている、料理研究家リュウジ氏のメニューオンリーで美味しいおそばの料理と、みんな大好きなあの定番一品料理を作ってみました。
リュウジ氏もすっかり有名になって、初期のころの動画を見ていると全く別人のように思えてしまいますねw

↓↓↓ 今回作ったのは、こちら! ↓↓↓

●鶏ねぎ塩つけそば
●至高のコロッケ

以上の2品です!

それではご紹介していきたいと思います!

鶏ねぎ塩つけそば

1品目は、「鶏ねぎ塩つけそば」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

料理研究家リュウジのバズレシピさんの投稿レシピになります!

まず一品目は、鶏ねぎ塩つけそばです。
つけ麺などはよく目にしますが、つけ蕎麦というのは我が家ではあまり馴染みがないため面白いなと思って作ることに。

こちらの動画ではアーティストであり蕎麦の名人でもあるという、DEENの池森さんとのコラボ動画となっており、宣伝も兼ねてはおりますが蕎麦に対してのこだわりなども勉強になります。DEENは昔から知っていましたが、池森さんが蕎麦に精通していたとは意外でしたw

動画内では池森さんが監修しているという蕎麦を使用しておりますが、私は家にあったお手軽な冷凍のそばを使用しました。うどんもそうですが、冷凍の麺は非常に保存・時短が優秀でかつ美味しいというメリットが凄いんですよね。我が家の冷凍庫には常備してあるのです!

そしてこちらの料理、全体的には全然手間がかかっておらず約10分程度で出来てしまうというもの。簡単にできる鶏とネギを使っただし汁を、お蕎麦と合わせて食べる料理となっています。

私は次の料理であるコロッケから先に作ったのですが、その時に余った半分の玉ねぎと、少し残った溶き卵を追加してみましたが基本は同じものを入れています。

鶏肉に少し塩をふりかけたら、皮からしっかり焼いていきます。少し経ったらネギにも焼き目をつけて、ネギまのような見た目になるように。ネギの緑部分や玉ねぎなどはその更に後に入れて軽く煮込むようにしました。

味付けも麺つゆと酒類でするため、和風の素晴らしい出汁スープが簡単に出来ちゃいます。あとはお蕎麦を茹でて準備するだけです!

スープだけでもとても美味しいのですが、蕎麦を絡めるとこれもまた美味しい!
池森さんの蕎麦でやったらもっと美味しくなること間違いさそうですが、市販のもっと手軽なものでも簡単に出来て美味しく食べられます!


至高のコロッケ

2品目は、「至高のコロッケ」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

料理研究家リュウジのバズレシピさんの投稿レシピになります!

さて、2品目のリュウジ氏のレシピとなります。
メインは先ほどのつけ蕎麦にはなるのですが、本日の調理時間の大半はこちらのコロッケに費やしております。

コロッケはもうお肉屋さんやスーパーで簡単に揚げられたものを買ってくれば手軽に食べられるものですし、冷凍食品でもあったりしますからあまり自分で一から作ることは少ないのではないでしょうか。

それだけに、コロッケがこんなに手間と時間のかかる料理なんだなというのが作ってみてハッキリとわかりました・・・とてもいい経験になったかと思います。

調理時間は少々手こずったりもして、おおよそ40分ほどはかけたでしょうか。
推奨しているじゃがいもが男爵芋と動画内ではおっしゃられていましたが、家にあったのはメークインだけだったのでそちらを使用。ややほぐすのに時間がかかりました。

また、パン粉を買い忘れてしまうという痛恨のミスw
しかしネットでパン粉を代用する方法を調べてみたところ、なんと食パンを一度冷凍して凍らせてからおろし金ですりおろすという方法を発見!
家にあった食パンをひと切れ冷凍庫で凍らせてカッチカチにしてから、おろし金で凍った食パンをひたすらすりおろすという不思議な光景w
しかしお陰さまでコロッケを作るには充分な量のパン粉を準備することが出来たのです!
困ったらこの方法を試してみましょう!

とりあえずこれで材料はそろったので、まずじゃがいもを潰すために細かく切ってから耐熱容器に入れて水を入れ、6分ほど加熱。とても熱かったですが火傷に気をつけつつなんとか潰しましたがちょっとしっかり潰し切るまでに時間がかかってしまいましたw

じゃがいもをレンジでチンしている間は、ひき肉と玉ねぎをフライパンで炒めて味付けもします。市販のコロッケを食べるときはソースをかけて食べる事が多いですが、この至高のコロッケはこの時点で味付けをしてしまいますのでソースが不要なんです。

そうして出来たものを、潰したじゃがいもと合体させて更に混ぜ混ぜ。コロッケの種が出来たところで小麦粉をまぶし、溶き卵をつけてからパン粉をつけます。手がベタベタしてしまいますので、予めビニール手袋を用意しておくのがベターですね。

そこまで出来たらあとはフライパンに油を入れてサッと揚げるだけなのですが、油をたくさん使うと後片付けが大変なんですよね。油汚れも気になってしまいますし、また両親にも食べてもらうのですが高齢なのであまり大量の油はなるべく使いたくありません。なので大さじ1くらいの油だけをひき、フライパンをやや斜めにして下に少し油だまりが出来るような感じでひとつひとつ揚げていきました。

しかし後片付けは楽にはなるものの、揚げる難易度は普通にやるよりも難しくなってしまうため揚げ物料理自体にそこまで慣れていない私にはこたえましたw

そのため、ちょっと焦げがついて見た目ハンバーグみたいな感じに・・・
見た目は悪くはなってしまったのですが、いざ食べてみると・・・美味しい!!

しっかり肉とポテトの味が染み込んでいて、なんだかフライドポテトと肉じゃがを同時に食べているような不思議な感覚w
不揃いではありますが、家族からは好評でしたw
コロッケって本当に難しい!またいつかやってみたいと思います。


次の更新は8/14の夜を予定しております。
※あくまで予定ですので、変わる可能性もあります

それでは本日もお粗末様でした!
以上、「ドンディーの動画で料理を作ろう」でした。

COMMENT