動画レシピ

【動画で料理を作ろう】part.72 鯖缶とトマト缶を使ってカレーを作る!

こんばんは、ドンディーです。
「動画で料理を作ろう」の記事になります。

9月に入った途端、急に秋といった感じで残暑を感じさせる間もなく涼しくなってきましたね。

涼しくなってきたらだんだん温かい食べ物も欲しくなってくるようになり、鍋類などのレシピを試したくなってきますね。季節に合ったものを作りたくなります。

しかし、今回は気になっていたあるカレーのレシピに挑戦してみたいと思います。
これまで作ったことのないもので、まさかのそれを入れるのかといった内容となっております。

↓↓↓ 今回作ったのは、こちら! ↓↓↓

●鯖缶カレー

以上の1品です!

それではご紹介していきたいと思います!

鯖缶カレー

本日は、「鯖缶カレー」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

のんびりスパイスカレー調理室さんの投稿レシピになります!

こちらのチャンネルでは、スパイスを使ったカレーを専門とした料理チャンネル。スパイスカレーのプロの料理研究家の方が運営しており、カレーと言っても本当にスパイスの配合などで無限大の組み合わせが生まれるため、こちらでも色々なカレーをはじめとしたレシピを公開されています。

単純にルーを使うカレーだけでなく、一歩進んだスパイス使用のものを作りたいときは是非参考にさせていただこうと思います!

その中で調べていて目についたのが、今回の鯖缶カレー。鯖缶と言えば、特に鯖の水煮は様々な料理に使える万能食材のひとつ。私もサラダや汁物などといったいくつかのバリエーションに使ったりもしましたが、カレーに入れるのは初めてでした。

カレー自体も非常に万能な食べ物ですから、基本的に合わないものがあまり無い印象なので鯖缶なんて合うのかと疑問にも思いませんでした。納豆が合うくらいですからね!

内容も鯖缶の魚臭さを消す工夫がされており、なおかつ非常にシンプルかつ簡単な材料で出来てしまうのがこちらのレシピの特徴でもあります。

私は動画内のレシピに加えて、人参とマッシュルームを加えました。通常のカレーでも定番の材料ですね。

玉ねぎや人参を切ったら、フライパンにサラダ油を入れて強火で塩を振りつつ炒める。早めに水分を飛ばして焦げ目をつけたら、ここで水を少しだけ入れるというテクニック。焦げをうまく分散させつつ炒めるという、やったことのない炒め方が新鮮でした。これを何度か繰り返すとのことだったので、3回ほど少量の水を加えて水を飛ばしつつ炒めました。


その後はマッシュルームの缶詰やトマトホール缶を入れて、軽く火を通して混ぜたら一度火を止めてカレー粉を投入。これまではカレー粉を投入する際にもそのまま炒めていたりしましたが、粉物は焦げやすいとのことで、混ぜるときだけ火を止めて混ぜる方法を動画で伝えていたのも印象的。結構他のレシピでも役に立つテクニックがあって勉強になりました。

あとは鯖缶をなるべく崩さずに投入し、再度煮込みつつ味を見る。私はこのタイミングでコンソメキューブと板チョコを4かけらほど投入。実は他の鯖缶カレーのレシピもちらっと見ていたところ、最後に隠し味としてこちらの2点を投入しているところがあったのでそこだけ真似してみました。

カレーは割とチョコやヨーグルトなど甘いものを隠し味に入れる動画も見てきたので、こうしても合わないわけないんですよね。なくても悪くないのですが、私はちょっと数歩更に工夫してみることにしましたw

そうして弱火で煮込み続けたら、なんとも美味しそうな鯖缶カレーが完成しました!
初めて作ったお肉じゃないカレーでしたが、鯖缶もとっても美味しい!酸味のきいたトマトとしょうがチューブが鯖缶の良さを引き立たせてくれてました!

なんともお手軽すぎるこちらの鯖缶カレー。是非一度は作ってみることをおススメします!


次の更新は9/12の夜を予定しております。
※あくまで予定ですので、変わる可能性もあります

それでは本日もお粗末様でした!
以上、「ドンディーの動画で料理を作ろう」でした。

COMMENT