Twitter

お値段以上の仕事をしてくれた取引相手には、こんな考えが定着してほしい!安さだけでは得られないものがある

安く買い物が出来ればお得に感じますし、企業同士で安く取引が成立すればコストを下げてなおかつ生産性を上げたりすることに繋げられるので、なるべく安くという考えは悪いことではありません。

値下げを強要したりするのは論外だと思いますが、安すぎるとそのものの価値も値段と同様となる考えに至りもします。そんなことを普段から深く考えて買い物をしたりはしませんが、これが人対人の取引であった場合はどうでしょうか。

今回は、とあるデザイナーに仕事の依頼をしたというツイート主さんの呟きがとても印象深かったのでご紹介します。



ご依頼したデザイナーさんが超素敵なお仕事をして下さったのに、あまりに安い見積もりだったので、2倍の見積もりに変更してもらえないか打診している。安いからラッキー、という市場感を変えて、良いものにはお金を払う、という経済圏にしたい

※ツイート元より引用

●それがいわゆる、「チップ制度」ですよね。
 アメリカの飲食店にいるときは、忙しいほどモチベーションがあがってました!

●まさに同じことを思っています!
 月島の某串焼き屋さんはクオリティの高さはもちろん、ストイックな姿勢や、ガンガン飲み食いしても申し訳いほどのコスパの高さで大好きなのですが、コロナ禍のテイクアウトも満足感と安さへの申し訳なさが半端ない。もっと払って然るべしと思っています。

●ライターさん、イラストレーターさんにお願いする時に「それじゃ(安すぎるので)駄目です!」という時があります。
 印刷会社さんを値切らないというのも、密かな自分との約束です。
 まっとうな経済圏で素敵なお仕事、大切にしたいです。

●支払いのタイミングで
 「これブーストです^^」
 って強引にねじ込んで行くスタイル

●最近はクラウドソーシングやメルカリなど、誰でも売る側になる機会が増えて、仕事の大変さや価値について個人個人が分かる時代になってきて、買う側の意識もだんだん変わってきてるなぁと思います🤔いいことですね

●私も今のトプ画を依頼した時、skebの手数料が打ち合わせ中に変更になったので、相手方の取り分が減らないように依頼料の引き上げを打診しました。受け取ってもらえませんでしたが(笑)

●うちも、台風の後 屋根が心配なので屋根屋さんに見てもらうのですが、何もないと無料にしてくれるのです。わざわざ来てもらって無料では申し訳なくて次から頼めないので、出張料は必ず払うようにしています。

●同感です!
 仕事で使う書類のデザインと構成をお願いしたところ、思っていた以上に素敵にそして早く作ってくださった事があります
 私が持ち合わせていない技術とセンスに追加で送金いたしました
 それらを得るためのご苦労や時間を私が感じた対価でお支払いしたいと常々思うのです(アート作品にも)

●賛成です。
 価格はデザイナーさんの時給ではなく、成果から得られる便益で決まるべきです。

●そのデザイナーさんと今後も継続的にお仕事できると考えれば高くないですよね🙆

●良いと思ったら価格を上げる
 いいですね〜
 そこでお客様との値下げ
 交渉で落とし所を決めれば最高ですね♬

●相場価格、地域によってだいぶ違いますよね。良いものは良いと予算をさける社会になるといいですねー

●私もイラスト依頼したら見積もりが安すぎたので高く支払いました。
 良いものは大事にしたい!

●素敵な思想と行動だと思いますし、めちゃくちゃ共感出来ます!もっと評価されるべきデザイナーさんは、たくさんいますよね!

●確かにやった作業を見てから上乗せしていただける時はかなり嬉しいし、次の頑張りに繋がりますよね!



安さだけでは得られないものがそこにはある

なるべく安く、コストを抑えるという考え方自体は間違っていないと思いますが、それ相応以上の価値を感じたらこちらも相応の報酬を払うというのは当たり前のようで、なかなか実行しているところは少ないかもしれません。

これは仕事で何年も頑張っているのに給料が上がらなくて不満を感じてしまう人にも繋がるところがあるのではないでしょうか。この場合はもちろん本人の仕事ぶりや態度・実際の成果なども関わってくることではありますけども。

無料で体験させてくれるといったものも多くはありますが、無料で体験出来るように企業努力をしているからこそのものであると考えたらありがたみを感じますね。

安いからいいという考えだけではなく、値段以上にいい仕事をしてくれたら相応の報酬に引き上げるという考え、とてもいいですね。それだけ自身が相手の作品等に対して価値があるということですからね!

COMMENT