競馬

【第55回 スプリンターズステークス(GⅠ)】ピクシーナイト&福永祐一騎手おめでとう!

3歳新世代が、新たなスプリント王に輝く!

こんばんは。ドンディーです。

いよいよ秋のGⅠシーズンが始まりましたね!
私は相変わらず競馬はしていたのですが、夏競馬はあまりにも惨敗すぎてブログを書くような状況でもなかったのですが、GⅠシーズンだけは別。今年の後半も、熱いレースが待っているかと思うと楽しみで仕方がありません。

さて、本日秋GⅠの一発目は短距離競走の決定戦であるスプリントの王者を決める頂上決戦、スプリンターズステークスです!

今年の新世代と、古馬たちが交わる短距離走を制したのは、なんと古馬をかわした3歳牡馬だった!

そして――

福永祐一騎手、秋G1開幕一勝で出だし好調!

スプリンターズS(GⅠ)― 中山競馬場


本日のメインとなるレースは、中山競馬場にて行われたGⅠ・スプリンターズステークスになります!

1200mの短距離、おおよそ70秒ほどの短い時間にて決まるスプリント王決定レース。春が高松宮記念に対し、秋はこのスプリンターズステークスが王者を決める戦いとなります。

昨年は現役でのマイル覇者として名高いグランアレグリアが、スプリンターとしても勝利したことで話題となりましたね。その後は再びマイルを主に舞台として今年も勝ち星を上げています。

そんな今年のスプリンターズステークス2021年、注目馬は今年の高松宮記念を制したダノンスマッシュをはじめとするメンバー。レシステンシアといった、高松宮記念では惜しくも2着だったものの実力に引けを取らないこちらの牝馬も再びスプリントの頂点に立つべくリベンジに燃える!

また、クラシック路線からスプリント路線へと向けた3歳の若き精鋭も古馬と交わっての参戦。ピクシーナイトメイケイエールといた面々も見受けられました。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

※番号は人気順で、馬番・枠番ではありません

1⃣ダノンスマッシュ(川田将雅騎手)

今年の高松宮記念を一着で制し、その他昨年の香港スプリントをも制覇。現在最も完成されている状態として短距離競走の成績を収めているダノンスマッシュが一番人気。短距離競走においての勝率の高さ、また日本人ジョッキーでのトップクラスの成績を誇る川田将雅騎手とのコンビにより、期待度は高まる!

2⃣レシステンシア(C・ルメール騎手)

惜しくも前走の高松宮記念はダノンスマッシュに敗北してしまったものの、牝馬としての実力はピカイチ。昨年はマイル路線でも活躍し、スプリンターとしても好成績を残す。ダノンスマッシュへのリベンジを賭け、ルメール騎手とのコンビで秋のスプリント女王の座を狙う!

3⃣ピクシーナイト(福永祐一騎手)

3歳牡馬の若きエース。クラシック路線からは外れ、短距離・マイルを中心に走り続けて重賞はまだ1星。2着という結果の続く成績だが、まだまだこれからの成長に期待出来る。前走、産経賞セントウルステークスではレシステンシアに惜しくも敗れるが、最後の直線で差し切る勢いを見せた。古馬たちを破る可能性を大きく秘めている!

間から一気に駆け抜けた、若きエースの姿が!

逃げるモズスーパーフレアを差したのは、ダノンスマッシュでもなく、レシステンシアでもなく・・・ピクシーナイトだった!

逃げていたモズスーパーフレアとビアンフェに付けていく形で、有利とされた中山の内側をひたすらにキープしていたピクシーナイトは、最後の直線で空いた逃げ馬2頭の間の隙を待ってましたと言わんばかりに突っ切っていく姿が!そのまま外からのレシステンシアの攻防にも負けることなく、そのまま見事ゴールしてみせました!

外から追ってきたレシステンシアも、ピクシーナイトに追いつくことは出来ずとも2着になんとか奮闘。そして驚きの10番人気、シヴァ―ジが終始ピクシーナイトの後ろで追うように競馬。同じルートでそのまま内から前へと抜け出し、3着入線することが出来ました。

ダノンスマッシュは最後に思ったような競馬が出来ず、6着に・・・
パドックや本馬場入場で発汗の多さが気になったところもあり、普段の本領を発揮できなかったのでしょうか。

結果は以下の通り。

スプリンターズステークス2021(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202106040911&rf=special_pickup

※netkeiba.comより引用

シヴァ―ジ入線からの3万馬券!

ダノンスマッシュが落ち、人気2頭の中に割り込んできたシヴァ―ジによってそれに絡んだ馬券は思わぬ膨らみを見せた今年のスプリンターズステークス。

毎年と言うわけではないものの、実はここ数年で10番人気前後の穴が一頭絡むことも多かったスプリンターズステークス。まさに今年もその結果になったとはいえ、このシヴァ―ジを買うのは全頭から流していくか、吉田隼人騎手をよっぽど応援していないと買えませんねw

私はピクシーナイトは信じていて、なおかつダノンスマッシュの発汗がどうしても気になって外したという思い切りは良かった・・・レシステンシアも馬券に絡めていた・・・。
でもシヴァ―ジは買えなかったので敗北です・・・。

モズスーパーフレアが好調で3着以内に残ると思ったんですよ・・・

終わりに――

意外と惜しいところを買えてはいたものの、一発目の秋GⅠは当てることが出来ず!
しかし見る目は悪くなかったので、次は決めたいところ。

次回のGⅠは、今年の牝馬クラシックの締めくくりである秋華賞が10/17に行われます。
私が常に応援しているあのアイドルホース、ソダシちゃんがクラシック制覇は出来ずとも2冠を目指して出走します。

最大のライバルとも言われたサトノレイナスが骨折してしまったことは残念ですが・・・
この事でソダシの勝率は上がってしまったともいえるでしょう!

そして今夜は、世界最高峰レベルの凱旋門賞がパリ・ロンシャン競馬場にて23:05から発走します。
日本からは、前走の同会場でのフォワ賞で見事な逃げ切り勝ちを見せたディープボンド、父が凱旋門賞制覇のクロノジェネシスをはじめ、レベルの高い海外勢からはディープインパクト産駒の最強クラス牝馬スノーフォールといった世界トップクラスの馬が今夜争います。そちらも楽しみですね!

秋競馬、次こそは取るぞー!
ドンディーでした!

COMMENT