Twitter

祖父から聞いた、夫婦円満のコツがとてもためになる!

結婚した夫婦が、仲良くいつまでも円満に暮らしていけるコツって何だと思いますか?

片方だけがいくら気を遣っていたとしても、息が合っていなければ二人三脚はうまくいかないでしょう。お互いが我慢していてもいつかそれは崩れてしまうんじゃないでしょうか。

今回のツイート主さんが祖父から聞いたという夫婦円満のコツは、実はとても単純なことだったのです。


『夫婦円満のコツは?』と祖父に尋ねると「『頂きます』と『ご馳走様』を目を見て言いなさい。どんな些細なことでも『有難う』と言いなさい。自分に非がなくても『御免』と言いなさい」と返答。続けて「言わなくても分かると思うな。言えば分かり合えるとも思うな」と一言。言葉と想像力が大事。

※ツイート元より引用

●あと、どなたかも仰ってましたが、前日喧嘩して険悪な感じで一日が経ったとしても、翌日の朝は「おはよう」の挨拶は必ずしようというもの。日々新しい朝です!真っ新な気持ちで一日を始めることは切り替えもできて良い習慣です。何とかもうすぐ丸36年です

●「言わなくても分かると思うな。言えば分かり合えるとも思うな」
 めちゃ名言です!
 結婚10年ですがまだまだわからないことばかりです😅

●夫婦円満に限らず人と付き合う上で大切且つ基本な事ですね…
 でも実は1番難しい😫

●自分に非があっても謝ることは難しい。
 「結婚生活を続けている」
 それだけでバツイチの私には尊敬に値する

●一理あると思いますけど、自分に非があるのに相手にゴメンと言わせる伴侶と長年円満にいることが、必ずしも幸せかというのは論点としてあっても良いと思います。昔の人ですし。
 ありがとうに関しては言わずもがなその通りです。

●その場に御祖母様がおられたか(そしてどんな方だったか・お二人の夫婦仲がどうだったか)次第で、意味合いが180度変わってくるお言葉ですよね

●感謝の気持ちを言葉に出し
 負の空気なら謝れば良い
 言葉はコミュニケーションの一つでしかない。
 何のために顔がある?
 私の恩師が酒飲みながら話してた言葉です。
 因みに✖︎1で、私達学生に良く「私は研究が好きだ、だが家族は失っちゃいけない」という教授でした。

●真の友達は 『ありがとう』『ごめんなさい』『助けて』 を言い合える仲を言うそうな
 それは夫婦でも同じ事なんですね

●こういうのは夫婦どちらか一方が気をつけてても意味ないことなので、きっとお祖母様もお祖父様と同じ気持ちで日々暮らしているのだろうなと思いました。とっても素敵です!!

●配偶者は自分と全く違う他人ですからね。
 「夫婦なんだから、それくらい分かってよ。」みたいな意見をたまに見ますが、そんなの無理です。

●結婚は異文化交流ですもんね。
 同じ歳で同じ地域の人と結婚してもバックボーン違うからまだ大変です。

●感謝と不満は言わなきゃ伝わらんのですよね
 態度に出してたではダメなんですよ

●夫婦のみならず、ですね。

●すげぇ!肝に銘じます。

●素晴らしいです。死ぬまで覚えておきたい言葉たち🥺



当たり前のことを言える仲

実際言われてみたら当たり前のことが多くても、その小さな一言が大事なんですね。リプでも言われていますが、夫婦間だけではなく人間関係でも当てはまりそうな事柄ですね。

あとは、「言わなくても分かって欲しい」と言う考えもよく見かけますが・・・
相手はエスパーでもない限り、それまで赤の他人だった人の気持ちなんてそうそうわかるわけないんですよね。

元他人同士だからこそ、何年経っても当たり前のことを言える関係が円満のコツなんだというのに気づかされますね。

私も言葉足らずなところが多々あるので、まずは家族や友人、仕事先の人に”当たり前のことを言える人間”になれるよう実践してみたいと思います!

COMMENT