Twitter

ある職業が、銃での狙撃に向いているという意外すぎる一面があった!?

銃で狙撃したことはありますか?と聞かれて、はいと答えられる人はなかなかいないでしょう。警察官や、海外で触った経験があれば・・・という位です。

今回はとある職業の人に銃を持たせると、狙撃に向いているという驚きのお話が。それを聞いて、まさか~としか思えないような共通点一切なさそうなもの。

ですが、一見全く関係なさそうでもある身体の一部を使うことが共通しているという理由で銃の扱いまで実は上手くなっているかもしれないんだとか。

ある職業の方が呟く、その職業とはいったい!?

ところで漫画家は狙撃に向いてるらしい。
狙った線をなぞる筋肉(?)が銃で狙いを定める筋肉(?)と一緒らしく…私も昔ハワイで銃撃った時すごくいい点数出した。

※ツイート元より引用

●作業療法士です。
 特定の筋肉というよりは筋出力を微細にコントロールする点が共通していると思われます。
 細かい運動制御は主に小脳が担っていますが狙撃の際も同じ部位が活性化したのでしょうね。

●あ、だから昔、お祭りの射的でいきなり全弾命中したのか!
 漫画描いてたから。

●昔、ビバリーヒルズの射撃場で、やたら的に当てるので、インストラクターの元海軍のにーちゃんに指折られて「ヤクザの娘か?」と言われました。
 やっぱり漫画家狙撃得意説。

●カメラマンとかは射撃上手いのはよく聞きますが漫画家は初耳❗❗

●漫画家じゃなくて、仮名の書道歴が長いんですが、エアガンもグアムでの9mmでの射撃も成績良かったです。
 筆の命毛が紙に触れる瞬間の感覚とか数gでの力加減でぶれないのとか関係してるのかも知れませんね。

●銃で狙ったところに撃つのって、引き金の引き方が凄く重要なんです。変に力が入るとそれだけで銃身がブレてしまう。
 もしかして人差し指の繊細なコントロール能力ってことなのかもしれませんね。

●一点を見つめる能力が高いんですかね。遠近感とかも掴んでそうだし、上げだしたらキリないかも。😂😂😂

●流水りんこさんという女性漫画家さんが、昔ハワイで銃を打った時のことをコミックエッセイで書いてた時も同じことを書かれてましたね

●ゲームじゃない重いもの持ったときの感覚ですよね。筋肉の使い方、保持の仕方😮

●てっきり人を〇すことに躊躇いがないってのが理由かと思ったら違ったか…

●軍隊がスナイパーを募集したとき、ある男が漫画家を連れてきた。
 「彼なら1日中動かずに獲物を狙い続けることが出来ます。しかも給料はスナイパーより安い」

●スナイパーのび太と漫画家志望ジャイ子実は相性が良かった説?

●ペンは剣よりも強し、に偽りは無かったのですね

●狙撃手がみんな漫画家になれば良いのに。

●そりゃあ、〝1発当てる〟のが仕事ですからね。



どちらも繊細な腕が求められるでしょう

銃なんて持ったこともないのでその感覚が全くわからないのですが、繊細な作業を必要とする仕事をしている方であれば銃の扱いも同様に上手くなるということなのでしょうか!

一見全く共通点がなさそうなところでも、こうやって活躍出来そうな場面があるというのは凄いですね!まぁ実践で使う事がないのが一番なんですけども・・・ね。

ある業界の人は、こういう業界でも活躍出来るみたいなものが他にもあれば自身の可能性をもっと広げることが出来そうですね!

COMMENT