競馬

【第17回 ヴィクトリアマイル(GⅠ)】ソダシ&吉田隼人騎手おめでとう!

白毛のマイル女王がここに!

こんばんは。ドンディーです。

本日は、東京競馬場にてヴィクトリアマイルが行われました。
先週のNHKマイルカップが3歳の若きマイラーたちによる競争でしたが、今週は成長した牝馬たちによるマイル重賞となります。春のマイル女王決定戦というわけですね。

今年のヴィクトリアマイルも注目馬がたくさんいるのですが、まず一年ぶりの復活となる無敗の三冠牝馬デアリングタクトが出走。怪我を乗り越えての久々のレースに、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

また、白毛のアイドルホースソダシの久しぶりの芝マイルでの走りにも注目。ダート重賞を二度乗り越え、更に一回り成長した白毛馬の活躍にも期待が集まりました。

そして…なんと数々の古馬たちを払いのけてソダシが女王の座を獲得、勝利したのです!

さて、今回はソダシ見たさにまた現地入りしてきました。コロナ禍前と思わされるくらいの人の多さに驚きましたが、早めにパドックで張り続けて素敵な馬たちを写真に収めることが出来ましたので一部貼りたいと思います。

それでは本日のレースを振り返りたいと思います。

ヴィクトリアマイル(GⅠ)― 東京競馬場


ヴィクトリアマイル
18頭の華である牝馬たちが、芝マイル女王の頂点を目指す春GⅠのひとつ。東京競馬場の芝1600mコースで争われます。

今年の春GⅠの中でも特に注目のメンバーが集結した一戦。怪我を乗り越えての一年ぶりに復活した無敗の三冠牝馬・デアリングタクト、白毛のアイドル・ソダシ、中距離の覇者が挑戦・レイパパレ、スプリンターの意地を見せるレシステンシアなど。

こんな豪華すぎるメンバー、見に行くしかないでしょ!ということで、なんとか入場する資格を得ることが出来たものの、非常に混雑している!やはりこれだけのメンバーですから、写真に納めたいと思う人はかなり多かったようです。特に白毛馬ソダシの人気は計り知れず!ソダシの話題が自分の周囲でも尽きません!

しかし、いくらアイドルだろうと三冠馬だろうと、マイル女王の席はひとつだけ。そして非常に難解なオッズが示している通り、簡単にはいかないことが数字上では示されていたのです。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

※番号は人気順で、馬番・枠番ではありません

1⃣レイパパレ[牝5](川田将雅騎手)

 父:ディープインパクト 母:シェルズレイ
 最終単勝オッズ 4.1倍

大阪杯でコントレイルらを破り、中距離路線で結果を残す牝馬がデビューの年以来の挑戦となるマイル戦。デビューから大阪杯まで6戦6連勝を果たした結果が示す通り、マイルの素質も充分にあることは分かっていた。それもあり、一番人気の支持を得ることに。中距離中心の中でもマイル路線に挑戦したいとの陣営の想いが、この舞台で叶うのか!

2⃣ファインルージュ[牝4](C・ルメール騎手)

 父:キズナ 母:パシオンルージュ
 最終単勝オッズ 5.4倍

安定した掲示板入りの成績を持つ、ソダシらと同じ世代の牝馬。勝利をなかなか掴みとれないが、直近の成績でも2着が続くと言う結果に。マイルでは掲示板を外したことのない強みが、その支持の高さでソダシを抜く2番人気へ。東京コースが得意であるC・ルメール騎手とのコンビ継続により、女王の椅子を狙う!

3⃣ソングライン[牝4](池添謙一騎手)

 父:キズナ 母:ルミナスパレード
 最終単勝オッズ 6倍

ファインルージュと同じキズナ産駒の同世代牝馬。桜花賞の敗北からマイル路線へと進んで結果を出し続け、直近ではサウジアラビアでの重賞で勝利を手にするといった、世界で通用する実力を示してみせた。日本でも未だ手にしていないGⅠ馬の称号を手にすべく、この大舞台に挑戦!

駆け抜ける白き女王!

見事ヴィクトリアマイルを勝利したのは、白毛馬ソダシだった!
前がなかなかしぶとく、逃げるローザノワールを捉えるべく先行策で前目に追走。直線ですぐ前を走るレシステンシアを捉えたと思うと、騎手の鞭が入った瞬間反応して一気に脚を爆発させる!ローザノワールを差し切って、一気に間から先頭まで伸びるとそのままゴールイン!

二番手以降は非常に混戦模様ではありましたが、後方からレシステンシアの外側を狙って脚を伸ばしてきたファインルージュ。やはりこの馬もマイル適正の高さが出てきたか、掲示板入りをまたもや外さないという強さ。唯一外から末脚を発揮したのもこの馬だけ。今後も安定した走りに期待が持てそうです。

そしてファインルージュにギリギリ差されてしまったことで3着となったレシステンシア。以前はスプリンターズステークスで逃げて一杯一杯になってしまった印象だったが、先頭を譲って先行することで距離が伸びても問題はなかったことが改めて印象付いた!もともとマイル路線でも活躍していた馬でしたから、再評価されてきたことでしょう。

ソングラインも懸命に脚を伸ばして2・3番手争いの馬郡に入ってはいたものの、逃げたローザノワールを差し切れずに5着。レイパパレに至ってはあまりこれまでのような伸び脚がなく、脇から出てきたファインルージュにそのまま譲るような形となってしまい、13着。

以前から根性強い一面を見せていたソダシでしたが、ダートを経験してからまた一層強くなって戻ってきた印象を受けた。やはり桜花賞でレコード勝ちを見せたあの走りと、芝マイルでの適正の高さは今回この結果として見事に見せてくれました!


結果は以下の通り。

ヴィクトリアマイル2022(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202205020811&rf=race_submenu

※netkeiba.comより引用

アイドルがつくりあげた万馬券!

ソダシがアイドル人気で高い支持を得るのかと思いきや、この混戦模様なオッズでしたので最終的には4番人気になるという割と冷静な人気順。これが配当を膨らませる結果となり、更にレイパパレやソングラインが馬券外となってしまうことで三連単は4万円台。

私は散々ソダシを推していた癖に、今回は自分の会社の人の意見をかな~り鵜呑みにしてしまったが為に普段は買っている単勝馬券を買わずして、ソングラインを軸に複数頭流すといった自分らしくない買い方に切り替えてしまった。結果…取れませんでした~!orz

毎回ソダシは応援の意味でも結構ぶちこんでいたのですが、よりにもよって何故完勝した今回はそれをしなかったのか!人の意見に左右されやすい自分の性格が仇となり、結果を残すことが出来ず!無念!

しかし、久しぶりにまた現地入りを果たしたのでソダシをはじめとした素晴らしい馬たちをかなりの枚数撮影することが出来、その価値は馬券には変えられないほどの良き思い出となりました🎵

東京競馬場の1階にある、ホースプレビューでも色々な走り終えた馬と騎手の動きも見れて良かったです。ソダシ、マイル女王本当におめでとう!

終わりに――

馬券は自分の不甲斐なさで大惨敗となってしまったのですが、やっぱり現地観戦は楽しい!
落ち着いて予想するのは家でやるのが一番なんですが、現地の空気で生で名馬たちを見るのは最高!

さて、次回からはいよいよクラシック牝馬三冠の道のひとつ、優駿牝馬(オークス)です!
果たしてどの3歳牝馬が2つ目の冠を手にすることが出来るのか!?
ドンディーでした!

COMMENT