競馬

【第83回 優駿牝馬(オークス)(GⅠ)】スターズオンアース&C・ルメール騎手おめでとう!

見事、牝馬2冠達成!

こんばんは。ドンディーです。

本日は、東京競馬場にて優駿牝馬(オークス)が行われました。
桜花賞に続いての2冠目となるクラシック競走。

勝利したのは、桜花賞勝ち馬でもあるスターズオンアースだったのです!
見事2冠を達成し、3冠牝馬となる秋華賞を控えて見事リーチがかかりました。

非常に割れたオッズで、なおかつ一頭が放馬で発走時刻が一気に遅れたりとアクシデントもあった優駿牝馬。天候は前日と比べて良かったものの、その展開はやや荒れ模様となったのでした。

それでは本日のレースを振り返りたいと思います。

優駿牝馬(オークス)(GⅠ)― 東京競馬場


優駿牝馬(オークス)
牝馬クラシック戦線の2冠目で、前走の桜花賞からは800mも距離が伸びての2400m。

マイルを制し、更に中距離も制する牝馬はそうそう多くはありません。昨年の桜花賞馬ソダシはオークスでの長距離に対応出来ず、勝つことが出来ませんでした。その前の年は、デアリングタクトがその距離の長さも動じることなく対応し切って勝利、のちの無敗の三冠牝馬として名を馳せたのです。

今回は桜花賞馬スターズオンアースが2冠目を、そして獲得出来なかった他の牝馬たちが1冠を虎視眈々と狙っています。マイル戦と違って距離が、そして阪神競馬場と違って左回りで長い直線が襲う東京競馬場が18頭の馬を襲うのです。

何もかもが桜花賞とは違う環境で争われるオークス。昔の格言で牡馬クラシックである日本ダービーでは一番運の良い馬が勝つと言われていました。つまり、牝馬ダービーであるオークスにも最も運の良い牝馬がこれを手にすると言ってもいいでしょうか。

最終オッズ上位人気3頭は以下の馬でした。

※番号は人気順で、馬番・枠番ではありません

1⃣サークルオブライフ[牝3](M・デムーロ騎手)

 父:エピファネイア 母:シーブリーズライフ
 最終単勝オッズ 3.2倍

桜花賞では4着ながらも鋭い末脚を発揮し、敗北したと見えて手ごたえを感じさせた一頭。確実に距離が伸びていれば勝ち馬であるスターズオンアースを差し切れていたほどの見せ場を作っていたところから、期待の一番人気に。鞍上は昨年もユーバーレーベンで制したM・デムーロ騎手。

2⃣アートハウス[牝3](川田将雅騎手)

 父:スクリーンヒーロー 母:パールコード
 最終単勝オッズ 6.5倍

重賞初挑戦で挑む、一見他の牝馬たちと比較すると成績も大きなポイントも見受けられない。それでも人気なのは、スターズオンアースの騎乗よりもこちらを優先した川田将雅騎手の想いがあってか。母馬であるパールコードの騎乗も川田将雅騎手で、母が達成出来なかった舞台を目指しての乗り替わりとの事。果たしてその想い、届くのだろうか?

3⃣スターズオンアース[牝3](C・ルメール騎手)

 父:ドゥラメンテ 母:サザンスターズ
 最終単勝オッズ 6.5倍

アートハウスと並んでの2番人気となった、桜花賞馬のスターズオンアース。川田将雅騎手がアートハウス騎乗となったことで、C・ルメール騎手の乗り替わりへ。2冠目を狙って、東京が得意なおかつ重賞を数々制覇してきたコンビで東京の長舞台を挑む!

外から駆け抜けてきた、桜花賞馬!

馬郡の中段外めを位置取り、最後の直線で鋭い脚を伸ばしたのは桜花賞馬スターズオンアースだった!逃げていたニシノラブウインクや内からの伸びてきた馬たちを一気にかわし、手にした2冠目の称号!大外でも距離が伸びても東京競馬場でも何も問題なし!見事な勝利を手にしたのでした。

2着目にはスターズオンアースよりも先に仕掛けて前へ前へと徐々に伸びてきたスタニングローズ。こちらも見事に外から足を伸ばしてきたものの、更に外のスターズオンアースの脚には勝てずに2着入りと健闘しました。こちらは人気薄の10番人気を来日中のD・レーン騎手が刻みました!

そして内から懸命に脚を伸ばしてきた馬が一頭。それがナミュール!逃げ馬や伸ばしていたプレサージュリフトを更に内側でかわして手にした3着。こちらも前回とは比べ物にならない強さを秘めておりました。桜花賞では10着と大敗していただけに、ここで大きく結果を残しましたね。

肝心の一番人気サークルオブライフですが、発走前から発汗が非常に目立つという不安。そしてスタートすると、いきなり前が塞がって出鼻をくじかれてしまうという出だしの悪さ。最後方から懸命に走るも、前走のように思い切った走りが出来ておらずに12着。これによって、春GⅠの1番人気の敗北がこれにて連続9回ということに…

アートハウスは前のポジションをキープして最後の直線でも馬場の真ん中を突っ切るように位置どってはいましたが、両脇から更に勢いのあった馬たちに差されてからはそこから伸び脚が生きずに終わってしまいました。

結果は以下の通り。

優駿牝馬(オークス)2022(GⅠ) 結果・払戻 | netkeiba.com
https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202205021011&rf=special_pickup

※netkeiba.comより引用

スタスタ馬券で10万円!

スターズオンアースとスタニングローズのスタスタ馬券、更に本命以外の外国人ジョッキーのトップツーで10万馬券へと膨れ上がる。そして横山武史騎手はヴィクトリアマイルに引き続き3着入り。

スターズオンアースは前走の走りと、川田将雅騎手の状態解説面から判断すると軽視されがちだった今開催でしたが全くそれらをものともせずに結果を出し切りました。ここまで来たら、秋華賞も勝ちきって3冠馬として君臨してほしいところですね。距離については全く問題ないのですから!

それにしてもここでD・レーン騎手が大穴を空けてくるとは思いませんでしたね。私は完全にサークルオブライフの前走の走りを確信してしまっていたため、このような結果になるとは想像も出来ずw
どうやらゲート内でややイライラしていたり、出遅れたり発汗も気になったりマイナス要素がちらほらあったようです。放馬して長いこと待たされたのもひとつの要因かもしれません💦

終わりに――

最近馬券の調子が全くよくない私ですw
日本ダービーは果たして取ることが出来るのでしょうか…

ドンディーでした!

COMMENT