動画レシピ

【動画で料理を作ろう】part.108 炊き込みご飯&ネギ塩鶏肉&味噌汁の和食セット

こんばんは、ドンディーです。
「動画で料理を作ろう」の記事になります。

『動画で料理を作ろう』とは、男ドンディーが料理・写真ともに初心者レベルのつたない腕で、主にYouTubeに投稿されている様々な料理動画レシピを参考に、家族に料理を振る舞おうというシリーズ記事です!

最近急に夏日のようですね!
仕事も暑くて半袖で一日を頑張っていることが増えました。

熱くなってきたら冷たい麺料理とか美味しくなる季節ですね。でもまだそこまで真夏のように暑いわけでもないので、まだもう少しその辺のレシピは取っておこうかなと!

今回は昨晩に作ったものをご紹介。いくつか和食レシピを発見してから、先週が洋食だったのに対して和食に統一して作ってみました!

↓↓↓ 今回作ったのは、こちら! ↓↓↓

●鶏肉とキノコの炊き込みご飯
●プリップリな鶏肉でねぎ塩レモン
●豆腐とワカメの味噌汁

以上の3品です!

それではご紹介していきたいと思います!

鶏肉とキノコの炊き込みご飯

1品目は、「鶏肉とキノコの炊き込みご飯」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

【現役料理長】森シェフさんの投稿レシピになります!

15年現役で活躍されているという、料理長の方の料理レシピチャンネルです。
プロの方が作っているレシピというところも注目ではありますが、なんといってもこちらのチャンネルの動画は非常に動画の内容が簡潔であること!

要点だけをしっかり伝え、一切無駄なく紹介していらっしゃるので作る時に動画を見ながらやる際もいちいち不要な場面をスクロールしたりしないで済みますw
まぁ私個人は作るのには一切不要な場面が多少あっても嫌いではありませんがw

そんな要点だけをまとめた、素人でも簡単に真似できるプロの炊き込みご飯がこちらというわけです。

まずはフライパンにごま油を引いて、解凍して食べやすい大きさに切っておいた鶏肉を皮目から焼いていきます。私が今回使った鶏肉は予めカットされたものだったので、事前に解凍しておけばそのまま使えるものでした。

鶏肉に火がしっかり入った段階で、ここでキノコ類を投入。私は家にあったのが舞茸だけだったので、それ以外に人参と玉ねぎを予め切っておきました。これもこのタイミングで投入して軽く炒めます。

だいたい軽めに炒めたら、ここで水と各調味料を投入して沸騰するまで沸かしていきます。沸いたら火を止めて暫く冷めるまで置いておきます。


10分ほど置いたら、炊飯器の中にお米を2合ぶん入れて先に沸かした具材の汁を2合分より少し少ない程度まで入れます。余った汁は使わないので捨ててしまいましたが、何かに使えそうではありましたね…

最後に具を全て中に入れたら、あとは炊くだけ!炊きあがるまでに別のおかずを作って待っていました。


時間になったら、いざ御開帳!
いい香りが漂ってくるではありませんか!

しっかり底までかき混ぜてから、家族分をそれぞれよそって。
人参もうちょっと小さく切ればよかったかもw

味も丁度良く、全ての具材にしっかり染み渡っていてとても良い!
キノコが少なかったぶん他の具材も入れておいて正解でした🎵
余った分は明日のお弁当に詰めて、更に楽しみたいと思います👌


プリップリな鶏肉でねぎ塩レモン

2品目は、「プリップリな鶏肉でねぎ塩レモン」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

うま馬クッキング【糖質制限ダイエット応援チャンネル】さんの投稿レシピになります!

可愛らしいお馬さんのサムネイルの料理レシピチャンネルさんです。
こちらは糖質制限レシピを主に上げられているチャンネルになります。

先ほど炊き込みご飯でも鶏肉を使ったのですが、我が家にあった冷凍の鶏肉がとても沢山入っているパックでして…流石に全部は炊き込みご飯には使えないし、かと言って半端にあまり残したくもないな~と思っていたので探していたところ、こちらの美味しそうなレシピを発見!残りの鶏肉をうまくおかずに使えると思い、参考にさせていただきました。

まずは解凍しておいた鶏肉をビニール袋の中に入れて、料理酒・砂糖・塩を入れて袋の外から鶏肉全体に調味料が染み渡るようにしっかり揉みこみます。ある程度揉みこんだら、10分ほど常温で置いておきます。

置いている間に、ネギを輪切りに切って準備…なのですが、私は今回冷蔵庫に入っていた予めカットされたものが入っている青ネギをそのまま出して準備。それを小さなボウルに入れたら、その中にタレとなるレモン汁・ごま油・塩・砂糖(動画ではラカントと言う甘味料)を使いました。しっかり塩と砂糖が溶けるまで混ぜておきます。

10分経ったら、フライパンにサラダ油を引いて調味料を漬け込んだ鶏肉を皮目から焼き目がつくまでしっかりと焼いていきます。時折皮目の様子を見つつ、良い感じに焼けてきたと思ったら全ての鶏肉をひっくり返します。

ひっくり返したら、蓋をして3分間蒸し焼きにします。

蒸し焼きが終わったら、とっても美味しそうにこんがり焼けた鶏肉が!若干水分が出ていたら、動画のように軽くフライパンを揺らして出てしまった旨味成分を鶏肉に吸収させるようにします。

あとはお皿に葉っぱ類を載せて、お肉を盛り付け。
最後にネギ塩レモンダレを全体にかけたら、完成です!

鶏肉は皮目はサクサク、モモ肉はぷりっぷりに仕上がっていました!そしてこのネギ塩レモンのタレがとってもサッパリしていて癖になる!熱い時期にこれはとても良いですね!

手順も簡単なので、鶏肉料理で迷った際には是非!


豆腐とワカメの味噌汁

3品目は、「豆腐とワカメの味噌汁」です!
今回参考にしたのは以下の動画です!

お料理まとめ Japanese Cooking Expertiseさんの投稿レシピになります!

メインを炊き込みご飯にしてから、付け合わせには味噌汁がいいと思っていたので味噌汁のレシピを色々探した結果、こちらの動画レシピにたどり着きました。

こちらの動画も、非常に要点だけをまとめられたシンプルかつ分かりやすいもの。たった1分の動画の中で味噌汁を作るのに重要なポイントがまとめられているので、外国の方でも簡単に真似しやすい構成となっております。

お味噌汁は私も何度か作ってきてそこまでレシピを参考にしなくても出来ることは出来ますが、やはりどうせ作るのであればプロの方や料理研究家の方々が上げられているレシピでやってみたほうが自分としても良い経験になるだろうと思い、ここはしっかり参考にさせていただきました!

こちらの動画ではワカメと豆腐だけの非常にシンプルな味噌汁ですが、先ほど炊き込みご飯にも使った玉ねぎの半玉分を味噌汁様に残していたので、私は玉ねぎも使用しました。

最初にかつお出汁を入れた水を鍋の中に入れて、沸騰するまで沸かします。
粉末状の出汁を入れたのですが、そのままだと真ん中に沈殿するだけでしたので時折かき混ぜながら。

この間に玉ねぎと、豆腐をカットしておきます。
最後にネギも入れる予定なので、上記のネギ塩レモンダレでも使った青ネギの一部を用意。

沸いてきたら、ここでワカメを投入。同タイミングで玉ねぎもこの時に投入しました。1分沸かします。

ここで火を止めて、味噌を溶きます。火を止めてからよく味噌を溶きますが、火を入れているときに溶くと味噌の香りや味が飛んでしまうんだとか。せっかくの味噌の良さが大半失われてしまうので、必ずここは火を止めなければいけません。

私はこの時、家に残っていた酒粕も少しだけ混ぜましたw

味噌を溶いたら豆腐を入れ、もう一度火を入れて沸騰するまでの間だけ沸かします。すぐに沸くので、火を止めたら完成!

お味噌汁は日本人の心だなって思うくらい、簡単で美味しいものです。
昔寒い日の朝に母が作ったお味噌汁がとても美味しかった記憶があって、何気なく作る味噌汁もこうして誰かの記憶に残せれば嬉しいですよね。

私もそう思えるように、何度かは味噌汁を作っていきたいなって思いました。
そんな美味しいお味噌汁レシピでした!


次の更新は、6月3日の夜を予定しております。
※あくまで予定ですので、変わる可能性もあります

COMMENT